四十九日法要に読経だけ依頼

おすすめ

49日法要にお経を上げてもらう

49日法要にお経を上げてもらうだけだったのですが、お坊さんに来ていただきました。本当に余分な心づけも不要で堅苦しい気遣いなくお坊さんとお話もでき3万5千円で済みました。お坊さんに支払うお布施が3万5千円だけだったので、気軽にできて負担が少なかったです。

お坊さん便

>>お坊さん派遣サイトを見る

覚えておきたい3つのこと

法事のお供え花について

"法事にお花をお供えするのはよくある光景ですが、 法事にそぐわないお花もあります。 故人が好きな花だったら、お供えしても良いとは お坊さんに言われたことがありますが、 とげのある花は仏様を傷つけたりすることがあるので、 避けたほうがいいといわれています。 どうしても、お供えしたい場合は とげを落としてお供えすればよいとお坊さんに 言われたことがあります。 あと、なるべく華美な色の花は極力避けたほう >>法事のお供え花についての詳細を確認する

法事でふさわしくない花

"葬儀や法事の際、日本ではお供えしないほうがよいとされている花があります。法事にそぐわない花は、棘のある花・毒のある花はタブー、花の色は白が中心というマナーがあります。 しかし、これらは必ず守らなければいけないものではありません。遺族が不快に思わないことが大切です。 棘のある花の代表はバラでしょう。法事ではバラは控えた方がよい花です。バラのほかに棘がある植物は、ピラカンサスやサンザシ、ヒイラギなど >>法事でふさわしくない花の詳細を確認する

NGなのは「刺のある花」、たとえばバラ

"法要でお供えする花として常識的に「NG」とされるのは刺のある花でしょう。最も人気があり「花の女王」と呼ばれるバラは、ですから法要には似つかわしくありません。法要は冥福を祈り、成仏を願い、回向するのが目的ですから、「刺」はふさわしくないのだと思います。葬儀の祭壇にはよく白いバラが使われますが、葬儀と法要は意味が少し違います。法要では使わないほうが無難でしょう。 法要で花を供えるのは、お寺の本堂やお >>NGなのは「刺のある花」、たとえばバラの詳細を確認する

法事でお供えするお花について私が感じていること

"みなさんは、法事のときにどんなお花を供えていらっしゃいますか?特に法事に招かれたときには、どんなお花ならよくて、どんなお花ならそぐわないのかなど、法事のときのお花って、宗教によっても地方によっても異なるため、お供えするお花について悩むことってありますよね。 そういう私はどうしているのかと言いますと、その家のことをよく知らない場合は、無難な線ということで、お花屋さんにお任せすることにしています。ど >>法事でお供えするお花について私が感じていることの詳細を確認する

法事でお花を贈るときに気をつけたいこと

"大事な方の法事が近いとき、手ぶらではなにか申し訳なくて せめてお花を持っていきたいという方もいらっしゃると思います。 基本的には仏花が一般的で無難だと思いますが、 それではなんだか寂しいなという方や故人の好きだった花を持っていきたいなとお考えの方もいるでしょう。 でもどんな花を持っていけば失礼にならないか心配ですよね。 まず、お花をお持ちしても大丈夫なのかご家族や法事をする会場に問い合わせましょ >>法事でお花を贈るときに気をつけたいことの詳細を確認する

お坊様が語った魂の旅

"私は子供の頃によく霊体験をしており、魂というものの存在を今でも 確信しています。学生時代に私と同じように霊感を持った友人と出会 い、魂談義(笑)をしたものです。 人間の意識とは、現実界(実社会で見聞きして認識している世界)や、 夢世界(夢の中で時間や場所を超えて認識できる世界)をただ認識し ているだけであって、それらの世界を行き来している実体こそ『魂』 だという考え方です。 以来、身内でお葬式が >>お坊様が語った魂の旅の詳細を確認する

お葬式の意義について

"うちは祖父母の代から貧しい家庭でした。 祖母が非常に苦労人で、息子の教育にも人一倍厳しかったこともあり、 私も父や母から質素倹約を徹底してたたきこまれて育ちました。 そんな祖母が10年前に他界しました。 祖母は遺言は残さなかったものの、常日頃から祖父にこんなことを言 っていたそうです。 「私の葬儀はいらない。生まれ故郷(福岡)の実家から少し行った ところにある灯台のふもとに土葬して欲しい」 と。 >>お葬式の意義についての詳細を確認する

イス式のお葬式でないと困るのです。

"私は学生時代、ラグビーに青春を捧げていました。激しいスポーツですので、何度もケガを繰り返していました。しかし、ケガが完全に回復するのを待つわけにいかず、痛み止めの注射を打ちながら試合に出続けていました。試合中は興奮しているので痛みを忘れているのですが、ノーサイドの笛が鳴りしばらくすると歩けなくなったものでした。あれから約20年が経ちますが、その後遺症で、今も右膝に持病を抱えています。膝が痛くて曲 >>イス式のお葬式でないと困るのです。の詳細を確認する

お葬式はできれば準備をしたほうがいい

"結婚式はあんなに打ち合わせを重ね、準備をするのにお葬式って殆どの方は準備をされていないのではないでしょうか? 我が家は何年も前ですが、突然お葬式を執り行わなければならない状況になってしまいました。 というのも、父が突然心不全のため亡くなってしまったのです。 残された家族は母と姉と私。 突然亡くなったため、まず何をしないといけないのかも全く不明でした。 困ったこと一つ目。 「どこに頼めばいいのかわ >>お葬式はできれば準備をしたほうがいいの詳細を確認する

正座が苦しくて困りました

"私は海外生活が長いので、椅子の生活に慣れていて、正座をすることがほとんどない生活を送っていたので、お葬式のときに正座をしなければならない時に本当に困りました。 お坊さんは「楽な姿勢でいいですよ」と言ってくれましたが、皆、正座しているときに、横座りするわけにもいかず、正座をしていました。 私は階段から何度か転げ落ちて、足首をねん挫したことがあって、正座自体が非常に難しいのでした。それでも我慢して正 >>正座が苦しくて困りましたの詳細を確認する

最新のエントリー一覧

法事でふさわしくない花
"葬儀や法事の際、日本ではお供えしないほうがよいとされている花があります。法事に...

法事でお供えするお花について私が感じていること
"みなさんは、法事のときにどんなお花を供えていらっしゃいますか?特に法事に招かれ...

法事でお花を贈るときに気をつけたいこと
"大事な方の法事が近いとき、手ぶらではなにか申し訳なくて せめてお花を持っていき...